東日本大震災から三年目の春が訪れています。

東北の被災地では復興・再生へ、まだまだ遠い道のりがあります。
かたや首都圏では震災の記憶は風化へと進み、

さらに右傾化する政治の現実が世の中に突き刺さっています。
今回、1970年代から活躍する映画監督・青池憲司さんとトークライヴを行い、

望むべき日本列島社会への想いを解放します。

 


映画監督・青 池 憲 司 トークLIVE
「 震災から三年の眼差しと言葉 ~神戸・OKUBO・石巻~ 」

 

2014年4月6日(日) 東京・谷保 かけこみ亭

 

---------------------------

<プログラム>
18:30  開場
19:00  オープニングライヴ
小林直樹×古川潤一(うたとギター×朝鮮打楽器チャンゴ)

 

19:15  ■上映
『わたしはここにいます~石巻・門脇小学校・夏』 (監督・青池憲司/DVD/29分)

 

19:45  ■トークライヴ (2部構成)
「震災から三年の眼差しと言葉~神戸・OKUBO・石巻~」
話し手:青池憲司 / 聞き手:小林直樹

 

21:15  エンディングライヴ
“百年残る唄”民謡フォーク「満月」
大崎やっし丸(歌・ギター)真藤一彦(尺八)
21:30  終了

---------------------------

 

<会場>
東京・谷保 たべ・のみスペース
か け こ み 亭
東京都国立市富士見台1-17-12 TEL.042-574-3602
◎JR南武線谷保駅・北口から徒歩3分  
<料金>
投げ銭+たべのみ代

■企画・お問い合わせ:小林直樹/フルスイングレコード
fullswingrecord@yahoo.co.jp TEL.090-6107-7662

 

チラシがダウンロード出来ます。
20140406チラシ02.pdf
PDFファイル 289.6 KB

■上映 『わたしはここにいます~石巻・門脇小学校・夏』(監督・青池憲司/DVD/29分)
http://www.shinsaihatsu.com/org/aoike-miyagi/trailer.html

東日本大震災の揺れと津波と火災によって被災した石巻市の門脇・南浜地区で、青池組が2011年6月からおよそ2ヶ月間撮影した「こども・家族・教師・地域の人たち」の記録。長編ドキュメンターの撮影を続けていた2011年秋に特別報告として発表した映像です。

 

PROFILE●AOIKE Kenji 映画監督
 こどもの世界やコミュニティ運動など、共同体をテーマにした映画を多く製作。1995年の阪神大震災では、神戸市長田区住民の再生の日々を5年間にわたり記録(「記憶のための連作『野田北部・鷹取の人びと』全14部」ほか)。そのご、新宿・大久保の地域活動に関わり、講座・学習会「多文化学校」を運営。TVドキュメンタリーも発表している。

 東日本大震災では、被災地の市民有志から依頼を受けて、宮城県石巻市の市立門脇小学校児童と保護者、地域の人びとの生活を1年間記録した(『津波のあとの時間割』ほか)。また、この3月からも継続的に石巻へ通い、再生へ向かう地域の記録を撮り進めている。 

 

<WEBサイト>

http://nodahokubu.web.fc2.com/aoike.html
http://www.shinsaihatsu.com/org/aoike-miyagi/index.html

 

<主な監督作品>
•1971年『日本幻野祭 三里塚』
成田空港反対闘争の地で行われたコンサート「三里塚幻野祭」を撮影した幻の「祭」の記録。
•1976年『合戦』
浜松市で毎年5月に行なわれる凧揚げ合戦と、それに参加するコミュニティの記録。
•1990年『ベンポスタ・子ども共和国』
スペインにある、子どもとおとなの協働による自治共同体の記録。
•1987年『海鳴り花寄せ—昭和日本・夏』
演劇と絵画と証言による朝鮮人従軍慰安婦の物語。
•1992年『琵琶法師 山鹿良之』
最後の琵琶法師といわれる、盲目難聴の山鹿良之さんの日常生活と説経節「小栗判官」の弾き語りを綾なした物語。
•1995年〜99年「記憶のための連作『野田北部・鷹取の人びと』全14部」
1995年1月17日に起きた阪神大震災。大きな被害を受けた神戸市長田区の一地域にキャメラを据え、
人とまちの再生の日々を5年にわたって撮りつづけた長編ドキュメンタリー
•2012年『3月11日を生きて〜石巻・門脇小・人びと・ことば〜』
東日本大震災直後、学校現場は危機をどのように把握して判断、行動したのか。
石巻市立門脇小学校の3月11日のその時から、翌朝までの動きをインタヴューで追跡。
•2012年『津波のあとの時間割〜石巻・門脇小・1年の記録〜』
東日本大震災後の6月から門脇小学校にキャメラを据えて1年、教室と地域、こどもとおとなの再生の日々を、石巻の四季とともに織り上げる。


*ほか、ドキュメンタリー映画、TVドキュメンタリー作品など多数。
◎出典:WEBサイト「震災発」

 

<参考サイト>
神戸長田のコミュニティ放送局「FMわいわい」
大震災を語り継ぐ -神戸からの発信 未来に生きる子どもたちのために-2
被災地の人々を記録するドキュメンタリー映画監督青池憲司さんの目線
http://daishinsaipart2.seesaa.net/article/285596234.html